2004年09月21日

TIM BURTON'S THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS

TIM BURTON'S THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS -ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

10年前の作品だが、関連グッズや本が未だに人気の作品。
当時若かりしころのワタシはカルチャーショックを受けたものである。

それが今年、デジタルリマスター版で再上映されるとのこと。
これはなかなか注目である。
しかも、「ヴィンセント」と「フランケンウィニー」が同時上映。
それぞれ5分、25分の短編。
お得感満載である。

おまけに前売りチケットを購入すると、
ピンバッチがもらえるらしい。
限定数のみとのことでプレミアがついているとのこと。

ついでに、ホーンテッドマンション ホリデーナイトメアーと称して、
東京ディズニーランドでは、期間限定でホーンテッドマンションが
ナイトメアー・ビフォア・クリスマスとコラボってるらしい。
ディズニーファンも必見の作品である。

ついでのついでにワタシはあまり興味がないが、
ティム・バートン ナイトメアー ビフォア クリスマス ブギーの逆襲
なるゲームも CAPCOM から発売されるらしい。
こちらは全国の GameTSUTAYA で体験版が無料レンタルされるらしい。
とりあえず試したい方はどうぞ。

ティム・バートン、いくら儲ける気なんだろう・・・。


・・・なんかすごく普通の情報提供エントリになってしまった・・・。
反省。


普通だけどタメになったという方はランキングにご協力を
posted by ちゃっぴー at 20:02 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ−映画・TV・本とか

耳ダンボ

西日本新聞 バナ天+α 耳ダンボより。

今回はマル
日本の将来が・・・。
いいのか?!先生っ?!


ひきつぎとは?
間接的なリストラ暗示か? -> 中堅社員。


噂話満載のランキングはこちら
posted by ちゃっぴー at 16:43 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | おすすめサイト

DVDケースの真中の・・・

あれ、どうにかならないかと常々思うもの。

DVDケースの真中にあるボチッっと押すとDVDが出てくる(はずの)やつ。

今回は、コレに物申したい。

まず。

「ボチッと押せない」。
ボチッと押すところのプラスチックが驚くほど強固なのである。
その固さは今更使い方間違ってるのかと、一瞬不安にさせるほどだ。

「なんならちょっとへこんでる」。
押すところなのにへこんでるとはどういう了見だ?
お陰でやっぱり押せないのである。

「押したのに出ない」。
やっとの思いで押してもこのザマである。


ワタシ的にはあのボチッと押すやつは不要な気がしてならない。
あんなに頑なにケースに押さえつける必要がどれほどあるのか。
現状どおり横移動を防ぐデザインで、ケースのふた部分に突起物でもつけて、
上からの圧迫をかけることにより縦移動を防げばよいのではないか。

いくらDVDを工場から消費者へと無事に送り届けても、
ケースから出せなければ、本末転倒なのである。


DVDケースにむかついてる方、ランキングにご協力を!
posted by ちゃっぴー at 13:32 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりよがり

だぁいどんでん返しっ

3連休、映画三昧。
といっても一日一本ペースだが。

今回の映画はこちら。

The Haunted Mansion
言わずと知れたディズニーランドの大御所アトラクション、
ホーンテッドマンションの映画化。
アトラクション気分でお楽しみください。


The RECRUIT
CIAにリクルートされるMITの学生ジェームズ(コリン・ファレル)。
最終的に採用テストの一環である拷問に彼が屈したあたりから、
猜疑心と疑心暗鬼まみれのストーリーが始まる。
大どんでん返しの王道。
そもそもの設定からして日常的でないので、少々のムリはみなかったことにしよう。


Runaway Jury ニューオリンズ・トライアル
「陪審員、売ります。」
弁護側、検察側に加えて陪審員という三つ巴でストーリーが展開していくドキドキ感は絶品。
若干、キャスティングがベタな気もするが、大どんでん返し感はたっぷり。


どんでん返しバリに意外と面白いランキングもどうぞ
posted by ちゃっぴー at 11:17 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | エンタメ−映画・TV・本とか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。