2004年11月13日

ぷ〜になりました。

いやはやご無沙汰しておりました。
11月初のエントリです。
なんだかんだと2週間近くお休みしていました。

それにもかかわらず来ていて下さった方には感謝します。
どうもありがとうございました。

さて。
そんな2週間ぶりのエントリですので、すごいニュースをお届けします!





























ワタシ、会社辞めちゃいましたっ!

いや。
別にブログのネタ作りとかじゃないですよ。
念のため。

まぁ、ネタ作りでそれくらいのことできたら、
ブロガーとしてホンモノなんでしょうけど(笑)。
残念ながらそこまで気合入れてないので…。







実際ここ1年くらい考えてたんですけどね。
きっかけもないですし。
やめるのもエネルギーが要るわけで。
そんなエネルギー捻出くらいなら、続けてた方がマシかなと。

実際仕事そのものは楽しんでましたし、
何より一緒に働いてる人はいい人ばかりでしたからね。
辞めるのももったいないと。
私の中では大きな歯止めになっていたんですよね。

とはいえちょっと今年の5月から大きく状況が変化しまして。
自分の中のモチベーションが維持できなくなっちゃんたんですよね。

会社には会社の目論見があって、
私には私の目論見があって、
それがマッチしなくなったわけです。

就職するときに、よく就職試験はお見合いだとか言うじゃないですか。
私の場合、お見合いはうまく行ったんですけど、その後の結婚生活。
それが最悪でしたねぇ・・・。
必ずしも会社だけのせいではなく、
私の至らなさも原因だとは思うのですが、
残念ながら三行半へつながってしまいました。





あちこち見たり聞いたりすると、
社員と会社の離婚にはいろいろ面倒なステップがあるようですね。
なんなら離婚自体が暗礁に乗り上げかねないこともあるみたい。

ところが私の場合は、恐ろしいほどのスピード離婚となりました。

上司に意思を伝えたのが今週の火曜日。
会社に承認されたのが翌水曜日。
荷物の片づけが木曜日で、一応の最終出社。

…オイオイ。
早すぎじゃね?












まぁ。
幸いにもアサインされていたプロジェクトが半年近くペンディング状態で、
まったくタスクがない状態だったんですよ。
そのおかげで引継ぎなんかも皆無で、本当に荷物だけ片付ければよいという…。
ちょっと、それにしてもって感じですが…。


予想外だったことがもうひとつあって。
それは何かというと、周囲の反応ですね。

もうちょっと冷めた反応というか、気まずい雰囲気とかになるのかなぁと。
そんな風に思ってたんですけど、ほとんどそんな感じではなく一安心。
むしろ、辞めてよかったね〜とか、
いなくなるのは寂しいけど、正しい決断だよ〜、とか
私もやめようと思ってるんだけど、どんな感じで進めたの?とか。

そんなん。
いいのか?
こんな反応でいいのか?

モチロン私としてはよかったけど、会社としてやばくないか?
実際今月だけでもわたし入れて5人も辞めるし…。
実はその前にもザクザク辞めてるし…。
結構閑散としてきてるんですよねぇ、最近。


そんなわけで結構ワタシも入社から何十人もの人を見送ってきたわけですよ。
で。
やめた方々の中には懇意にしていた先輩とかも沢山いたわけで。

そういう方が辞めるときにはすごく残念で、
がんばってもらいたいという気持ちと、
なんで辞めちゃうの?っていう
寂しい気持ちが交錯していたんですね。

とある先輩が辞めたときに、すごく寂しくなりますって伝えたら、
その方が、残す人たちのことを考えるとなかなか辞めることを伝えられなかった、
とおっしゃっていたんです。

そのときは、まぁそういう風に思うだろうなぁ、でも決断しちゃったんだなぁ
と、やっぱり寂しかったわけです。

でも。
実際自分が残す立場になってみて初めてその先輩の気持ちが分かったというか。
そんな気がしてすごい罪悪感とか自己嫌悪に陥りましたね。

なんていうんでしょうか。

すごい、申し訳ないんですよ。
正直いくらプロジェクトがペンディングでも、多少は迷惑かかるわけです。
それより何より、どう考えても不遇な状況に自分の仲間たちを残すわけです。
自分だけが安全な場所へ逃げ出すわけです。
言い訳しようがないんですよね。

でも、そういう状況を認識すればするほど謝りたい気持ちに反比例して
謝ってはいけないということになるわけです。

謝罪って、結局自分の罪を謝ることで相手に押し付けてしまうじゃないですか。
謝ったほうは、許されたらどこか自分の背負っているものが軽くなるけど、
謝られたほうは、代わりにそれを背負わなければいけないでしょう。

そう思うと、今回の件については絶対謝ったりできないわけです。
とにかく今までのことを感謝するだけ。

きっと、先輩もそういう気持ちが少なからずあったんでしょうね。
そのときの私はそこまで読み取ることができませんでしたが。



そんなことを考えつつ、ぷ〜一日目は過ぎ去ったわけです。
モーレツな生理痛とともに…。


まだ先のことは決まってないので、しばらくぷ〜生活続きそうです。
幸いにも有給を完全消化できるようなので、実質的な退社日は来年6日です。
ちょっと時間もあるので少し時間をかけてゆっくり考えるつもりです。

まぁまぁそんなわけでですね。
今日からはこのブログも「28歳 無職 オンナの負け犬ブログ」
となるので人の不幸が大好きなアナタ!
そう、そこのアナタ!
これからもどうぞご贔屓に…。


失業者手当ての前に必要なのはアナタの清き1票ですっ
posted by ちゃっぴー at 03:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無職の心得
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1025114

■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。