2004年12月22日

アル中とうつ病?と・・・

あ〜〜〜。
なんだかすごくサボってしまっていたわ・・・。

というわけで今日は言い訳エントリ。
とはいえ結構ワタシ的には重めの内容なので、
心臓の弱い方や頭の弱い方はご遠慮ください。
さて。
言い訳ですが。

実家に帰ってたんですね、ずっと。
実家に帰っててもパソコンくらいいじれるんですが、
普段とはちょっと違う状況がありまして今回は手がつけられなかったんです。

と、いうのもですね。
ぢつは、ウチの母親が「アル中」で「うつ病」なんですわ。



もうかれこれ5年くらいになりますか。
きっかけはどうやら祖父(母の父)の死と更年期障害のようなんですね。
ただそのきっかけにしろ、現状にしろお医者さんにキチンとかかっていないので、
まったく確かではないのですが。

ウチは4人家族なんですね。
父・母・妹・ワタシの4人。

初めの4年はワタシも妹家を離れていて、父がほぼ1人で対応してたんです。
なかなか手に余る状態だったのですが、なんとか仕事も続けていました。

とはいえなかなか厳しい状況になってきたことと、
近くに住んでいた父方の祖母が亡くなったことなどがあり、
母方の実家の近くに引越しをすることになりました。

もともと父は老後にそちらへ引っ越すつもりがあったので、
住む場所なども準備を整え昨年の11月ごろ引越しをしました。
そして今年の春、妹が引っ越し先で就職をし、一緒に住むことになりました。

それからは、父と妹がなんとかやってきていたのですが、
なかなか目に見えるような改善は少なく、心身ともに疲弊している状態です。
そこで運良く?ワタシが無職になったので、ワタシもがっぷり
参加することにしたワケです。

普段はそれなりに普通の生活を送ってるんですけど、
月に2回くらい発作的にヒステリー状態になるんですよね。
ちなみにもれなくアル中症状がついてきます。

普段はそのヒステリー状態が3〜4日で収まるんですが、
今回はかれこれ一月続いていたんです。
やるほうもタイヘンでしょうが、やられるほうもタイヘンです。

と、いうのもそのヒステリー状態が狂気の沙汰なんですよ。

・持っている液体(主に日本酒)をぶっかける
・殴る
・蹴る
・ハンマーを振り回す
・車3台のタイヤを全てパンクさせる
・車のフロントガラス、ウィンカー等を割る
・包丁を振り回す
・窓ガラスを割る

などなど。
想像を超えたデストロイヤーです・・・。
はは・・・。

新しい我が家は日々破壊され続けています。
いや、マヂで。

あとヒドイのが口での攻撃。
ありとあらゆる悪口雑口で責め立てます。
主な攻撃対象はウチの父親。

ま〜、ウチの父親も昔はそれなりに問題のある人だったんで、
母が責めるのもある意味もっともなのですが、
それにしても聞くに堪えない言葉ばかり。

母が許せないものとして根強く怨みに思っていることがいくつかありまして、
それは次のような事柄のようなんですね。

・母との約束を反故にして父方の地元へ結婚後行ってしまったこと
・父方の実家の問題に巻き込まれ親戚からもヒドイ扱いを受けたこと
・父に愛されず(と母が思っている)結婚生活を送ったこと
・一時期、父が浮気をしたこと
・常にどのようなことでも、母に相談をせずに父の独断で物事を決めたこと
・父が父親の役割を(母が思うような形では)果たさなかったこと

などなど。

確かに父にはそういう傾向があるのですが、
どうも自分の記憶やそのほかの事実と合わせて考えると、
母が言うほどの状態ではなかったように思えるんですよ。
母の被害妄想が誇大化して、今そのように思っているのではないかと。
そう思えて仕方なんです。

叔母など親戚の話をきいても、
母は昔から自分のわがままを通す傾向があったようです。

また、祖父の仕事の関係から転校を繰り返していたようなんですが、
おかげでわがままのしっぺ返しを受ける機会をなくし、
ずっとそのわがままが悪いことだということを学ぶチャンスがなかったようです。

そういったことも含め、人間関係をうまくやる術をあまり身につけないまま
大人になってしまったようなんですね。
就職もせずに結婚してしまったし。

また母は完璧主義で頑なに「いい妻」「いい母」であろうとしてました。
それは普通に考えても無理なことなのに、それを無理だとは認識しようとせず
自分の理想を現実にしようとしていました。

そういったしわ寄せが、今になって出ているようなんですね。
そりゃ、そんだけ我慢してたらしわ寄せが来るのも当たり前です。
問題はそのしわの原因が全て他人のせいになっていることなんです。
自分に問題があったとは思っていない。
または「思いたくない」。

母も自分でそういう状態であることがひどく苦しいらしいのですが、
自分でもどうしようもなくなるらしいのです。


どうしようもなくなるのは大抵夜で、お酒を浴びるように飲みます。
荒れるときは1日平均2リットルくらい飲んでます。
それでも肝臓が無事なのは幸いというかなんと言うか・・・。
ちなみにお酒を止めさせようとすると、そこから大暴れが始まります。

一瞬気が狂ってるのかとも思うのですが、
よく観察してみると頭はしっかりしてるんです。

その証拠に自分は支離滅裂なことを言ってるんですが、
こっちがそのことに同意したり、または矛盾点を指摘すると
そのことには触れずに違う事柄についてわめき始めるんです。
納得したこと、分が悪いことについて理解して、
そのことに触れないようになるのです。


とにかく警察沙汰にならないようにと願いつつ、
なだめすかしたり、徹底的に交戦したり、いろいろ試して反応を見ています。
また、幸いなことに今月初めから病院に行ってくれるようになっていて、
もう少し通院が続けばお医者さんからアドバイスがもらえるかもしれません。

そうすれば、今より少しは効果的な対応ができるかもしれないし、
できなくても何か分かることがあるかもしれません。

どうであっても気長に家族一丸になって、母が心穏やかに過ごせるように
努力し続けることが一番大事だと思っています。

今まで母にしてきてもらったことを考えれば、なんでもないですよね。
母がワタシを助けてくれてきたのと同じように、ワタシも母を助けられればと。
今はそんな気持ちです。

ま、今は冷静なんでね・・・。
なんとかみんなでがんばりますわ。
posted by ちゃっぴー at 21:27 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ちゃっぴーさんちの家庭の事情
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

お久しぶりですが、どうやら大変そうですね。
でも、ちゃっぴーさん一人じゃなく
お父さん、妹さんもいるなら大丈夫でしょう。
肝臓については、
自覚症状が出る頃には
もう症状が進んでしまっていることが多いので
大丈夫とは言えないかもしれません。
可能ならば検査した方が良いと思いますよ。
ともあれ、頑張って下さいね。
Posted by BROS at 2004年12月22日 21:52
夕べ読んだんだけど、コメントする言葉が見つかりませんでした。
とにかく、お母様の回復と家族みんなの幸せを祈ってます。あまり無理をしない様にね!
Posted by あき at 2004年12月23日 18:32
大変ですね……お疲れ様です。
さらりと、
>今まで母にしてきてもらったことを考えれば、なんでもないですよね。
と言えるちゃっぴーさんってすごいな、と思いました。
優しいご家庭ですね。素敵です。
うちもそんな家庭を築きたいと思いました。

何はともあれ、無理せずにほどほどにがんばってくださいね。
使える公共機関や周囲の人はたくさん使って、
どうか自分たちだけで抱え込まないように……
お母様が心穏やかに過ごせる日々が訪れるのを心よりお祈りしてます。
Posted by はに〜 at 2004年12月23日 21:19
★BROS さん

コメントありがとうございます。
肝臓なんですけど、どうやら軽く検査はしらしいんですよ。
その上で、今のところ問題はないようで・・・。

まったくどういう肝臓を持ち合わせてるんだか。
あきれながらもほっと胸をなでおろした一同でした。

でも、ほんと症状がでてからでは遅いんでしょうから、
そうなる前に少しでも飲酒量を減らすようにしていきたいんですけどねぇ・・・。


★あきさん

もうね〜。
ほんとうにね〜。
重たいネタでごめんなさい〜。

結構ワタシもアップアップだったんで、
書いてすっきりしてしまいたかったんですよぅ。

コメントありがとうございました。
今週末は英気を養って、年末年始に備えます!


★はに〜さん

そうですね〜。
「なんでもない」と言い切らないとやってらんないというのが正直なところでしょうか・・・。
はは・・・。

でも、ほんとに家族一丸になってるのでそんなに悲観的にならずに済んでるんですよ。
家族って大事だぁ〜。

まぁ〜ほんと。
こんなんなっちゃうと、やれることしかやれないんでね。
体力勝負で細く長くぼちぼちやってきますよ。

ブログもぼちぼちやるので、
更新滞ってもたまには見に来てやってくださいね〜。

こんな重たいネタなのにコメントありがとうございました。
Posted by ちゃっぴー at 2004年12月24日 00:48
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1369564

■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。