2005年08月02日

ちゃっぴーさんベトナムへいく:買い物偏

さてさて。
ベトナムレポ第二段でございます。

ごはんに引き続き興味津々なのがベトナムの買い物事情。
とにかく安くて可愛い雑貨やアオザイなんかがお買い得!!!
実際どんなもんなのか、ワタシの独断と偏見満載でお送りしまっすっ。


今回ワタシは無職という背景もあり、
いつも以上にお財布の紐がかたぁく縛られている状態でした。
とはいえお買い物をせずに帰るのはあまりにももったいないっ。
ので、ターゲットを決めて無駄のない買い物を心がけました。

主なターゲットは以下のとおり。
 ・アオザイ:これは絶対はずせない。
 ・バッグ:アオザイに合うバッグを見立てる。
 ・サンダル:これまたアオザイ用に。

まずはアオザイ。
これはご存知の通りオーダーメイドが格安でできちゃうということで、
絶対に作ろうとたくらんでいました。

本を見たり、現地のお店を見たりしてどこで作るが悩んだ挙句、
市民劇場からレロイ通りをベンタイン市場方面に下って、
わき道に入ったところにある「ザッカ」というお店に決定。

決めた理由は日本語が完全に通じるから。
これにつきますww

やっぱりある程度型が決まっているとはいえ、
服をオーダーするのだから細かなニュアンスまでやりとりしたいでしょ?
ワタシの英語力じゃ絶対にムリだもの〜〜〜つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

そんなわけで決定ww

でもねぇ。
ここは単純に値段だけ比較すると、他のお店よりも割高だと思う・・・。
技術力とか布の値段、デザインなんかがあるから一概には言いにくいけど、
ガイドブックの底値比較ではザッカが45ドル〜、
他店は30ドルか35ドル〜ってな値段設定が書いてあった。
でも、誰かの旅行記を見てたら4〜5倍は高いとか言う話も・・・。

もし英語に自信があったり、とにかく安くっ!
っていうなら他のお店も当たってみる方がいいかもです。


で、簡単なオーダーの流れね。

 1.好みのデザインのアオザイを試着しながら決定。
 2.サイズを測る。
   (1日程度待つ)
 3.最終確認のために試着。
 4.完成。

こんな感じ。

1のデザイン選びは本当に楽しいっ!
すごい沢山種類があって、まぢ、迷う。
予算と使い道さえあれば、2〜3着くらい作りたくなったもん。

色も鮮やかなブルーや明るいピンクから、
シックなグリーンやオトナな色まで多種多彩。
素材も一口にシルクと言っても光沢のあるものマットなもの、
くたくたした感じから固めのものまでいろいろ。
デザインも伝統的な長袖からノースリーブのものまであって、
組み合わせは無限大っ。

簡単なイメージをあらかじめ持っていくといいかもしれないね。
でないと、まぢで迷うからっ!!!

ワタシは帰国してからもごはん食べに行くときとか、
お祭とかに着ようと思ったから無難な感じのものを選択。

濃い目のブルーに同系のビーズが首元と裾にあしらわれた、
ノースリーブタイプのアオザイをオーダーすることにしました。
布はやや厚手のシルク。

さて。
デザインを決定したら次は採寸。
あっちこっちやたらサイズを測られます。

このとき注意したいのがブラジャー!!!
アオザイは体にぴったりフィットしてるのがキレイということで、
バストラインもはっきりと出るようにサイズを測ります。

なので、採寸したときに着けているブラジャーを
アオザイを着るときにはつけるのが理想ということになります。

パットとかね、デザインが特殊なやつとかね、
いろいろお胸の事情はあるだろうけど、
そのあたりを考慮した上で厳選したブラを付けていくことをオススメします。

「胸の大きさいつもと同じ?ほんとう?」
と何度か確認されました。
何ゆえそんなにワタシの胸に疑惑を持ったんだ・・・?(゚Д゚ )
そりゃあ、多少は入ってたけどもよ・・・。

あと、サイズ測るときにお腹引っ込めるのも厳禁ですww
ワタシ引っ込め気味にしてたら、
「ひっこめちゃダメですよ。後で大変ですよ。」
と注意されちゃいました・・・orz
なんでバレたんだ?ww

素直な体を晒す覚悟がアオザイオーダーには欠かせないようですww

そんな恥さらしな採寸を終了すると、
代金の支払いと最終確認や受け渡しの確認に入ります。

ちなみにワタシのアオザイは145ドルでした。
この値段で既製品買うのも日本じゃ難しいよねぇ・・・。

物価の違いにびっくりしつつ、
到着日にすっかりベトナム物価になじんでいたワタシは
(アオザイは2日目に作りに行った)
それでも「たかっ・・・Σ(´д`ノ)ノ 」とややひるんだんですがねww


で、翌日の夕方前には仕上がるということだったんですが、
生憎翌日は昼過ぎからスパの予約が夜まで入っていたんですね。

出来上がったものをホテルまで届けて欲しいと言ったら、
多少修正が必要な場合もあるから、納品前に試着をして、
最終確認をする必要があるとのこと。

その次の日は朝からニャチャンへ移動だったので、
一瞬困っちゃったんですけど、すぐに調整をしてくれて、
仮縫いの状態かもしれないけど・・・と言いつつ、
最終確認を午前中にしてもらえることに。
で、アオザイはホテルに届けてくれるという段取りになりました。

やっぱり、日本語が通じるところを選んでよかった・・・ww
とか思いつつ、本当に気持ちの良い対応で大満足。

翌日試着をして(予想に反してほとんど出来上がってた)、
その日の夜には無事に手元へアオザイが到着。
思ったとおりの仕上がりで、まぢ、大満足。
やっぱりもう1着くらい作ればよかったと思ったくらい。

ま、そんな金なかったけどw

で、そのアオザイがこちら。

htm_aozai.jpg

上手く撮れなかった・・・(つд⊂)
やっぱり着ないとラインとか出なくて素敵に見えないなぁ・・・。
ま、機会があればその内アオザイ姿を晒すかもしれない。
・・・たぶん。


そんなこんなで目的のひとつを達成したので、
バッグとサンダルを購入すべくホーチミンの街を行脚。

でさ。
買い物に夢中になりすぎて、写真撮るの忘れてたんだよね〜ノ(´д`*) アハハ
ベンタイン市場というでっかい市場があって、
そこがすごい活気があって面白かったんだけど、
外観とごはんやさんしか撮ってない・・・。
ほとんどその活気は伝わらないと思うけど、一応・・・orz


hmc_binhtay.JPG

ベンタイン市場外観。
中にアメ横みたいなちっちゃいお店がぎゅうぎゅう詰めに入ってるの。
人も休日のアメ横バリ。
それでいてお店の人はのんびりメシ食ったり、
おしゃべりしてたりして、
このやる気のなさがアジアだわぁ〜と思ってしまった。


hmc_binhtay_inside.JPG

ごはんやさん。
相方はここでワタシがスパを堪能している間にごはんを食べたらしい。
ついでに地元民と交流してご満悦だったらしい。


ここはとにかく何でもあるっ。
洋服、下着、バッグ、靴、日用雑貨、バッタモンの時計、
生地、食材、ごはんやさん・・・。

地元の人も活用するみたいだけど、
日本人にはふっかけてくるから、
値段がついてない商品には強気の交渉が必要だと思う〜。

ワタシはここでナイトウェアを衝動買いしてみました。
キャミと半パンのサテン生地のセットアップで、
大体380円くらい。
びびる・・・。

あほみたいに量があるから目移りしちゃったんだけど、
イマイチ質とデザインが気に入らず購入断念してみました。

今回ワタシは「帰ったら絶対使わない」という自負があったので、
一切ベトナム雑貨と言われるものは見なかったんだけど、
お皿や小鉢みたいな食器類、
置物みたいなものも沢山あるので、
興味がある人は絶対おもしろいと思うっ!

買い物に興味がないという男子諸君も、
あの熱気にまみれて異国情緒を感じるだけでも楽しいと思う。
知らず知らずのうちに気分が高揚してくる自分を感じると思うよ。

実際ワタシは景気付けに買ったナイトウェア以外何も買わなかったけど、
めっちゃ楽しかったもんっ。
でも、スリが多いらしいということで結構ビクビクしながら歩いてたww
周りの皆が敵に見えたもんなw

あとねぇ。
歩いているとナゼだか日本人とバレるらしく、
「オネサーン。」
とやたら声をかけられる。
女であることも分かってくれるらしく、
それもまたうれしい(マテ

ちょっとでも商品を物色しようものなら
「ヤスイヨー。」
「イロ、アルヨ。」
「ナニ、ホシイ?」
とこっちの都合は完全無視で商魂たくましくグングンよってくる。

どんどん商品をあちこちから引っ張り出して渡してくるし、
それでいてなぜか無表情な感じがアジアだなぁ、と妙に感心したりww

ちょっと値段聞いて「いらない」と思って帰ろうとすると、
いきなり半額くらいになったりして、そのふっかけっぷりに
思わず笑っちゃったりもした。
やはり値切りはしないと損すると思うww

いろんな意味でとにかくアツイ場所でした。

とはいえ欲しいものが見つからなかったので、
路面店を攻めることに。


ところがベンタイン市場を出たところで偶然にも大捕物に遭遇ww

交差点でバイクを掻き分け逃走する男。
↑因みにバイク往来してるところを掻き分けて歩くのはキホンw

それを追いかける警察官。
さらにそれを追いかけるオバチャン。

交差点のど真ん中で警察官が男を確保っ!
駆け寄るオバチャン!
ふてくされた風にあきらめた男は、
警察官に後ろ手に縛られ、
わめきたてるオバチャンと共にまたバイクを掻き分け戻っていきました。

きっと切迫した状況なんだろうけど、
みょ〜にのんびりした雰囲気を感じてしまったw
だって周りのバイクとか「邪魔だなぁ〜(-∀ー#)」
位の感じで見てるしw

よくある風景なのかもね?


さて、気を取り直して買い物続行。
グエンフエ通りをサイゴン川方面へ。
途中わき道に入りながらドンコイ通りのお店も見つつ、
ひたすら物色しまくりました。

お店を個別に構えるだけあって、
ベンタインのお店とは雰囲気が違うし、
置いてるものもやや洗練された感じ。
その分値段もやや高くなった感じ。

それでもイマイチお気に入りのものが見つからず、
家族のお土産にホームウェアとか細かいものを買いつつ、
やや途方にくれながらサイゴン川に到着。

hmc_saigonriver.JPG

これがサイゴン川かぁ〜〜〜!
と圧倒されるでかさっ。
そしてすごい泥水っ!

バイク同様悠々と流れていて、
ちょっと呆けたね。

川の脇にはキレイに整備された公園みたいなのがあって、
ベンチなんかもあったんだけど、強烈な日差しに負けて、
早々に退散してみた。

だって、ちょうど昼頃だったから暑いのなんのってっ!
豚の丸焼きさながらに、ぢりぢり焼かれていく自分を感じたよ。
このままここにいたら泥水でも意に介さず、
思わず川に飛び込みそうになったので足早にその場を離れたのさ。


で。
結局この日は目ぼしいものが見つからず、
翌日のスパまでの時間にかけることに。

この時点でサンダルとバッグを買うことはほぼ断念してたね。
サンダルは刺繍とかは可愛いけど、デザインがイマイチ。
バッグもな〜んか垢抜けなくて、
もういらないやぁ、とか思ってたのさ。

で、自分のものは一旦保留にして、
目先を変えてママンのお土産を買うことに。
シルクのストールにターゲットを合わせてあちこち見たんだけど、
そうこうする内にある法則を見つけたのさ。
まぁ、法則というほどでもないけどw

法則:冷房が効いている店ほど高いっ!


これは要注意ですわよ。
すっかりベトナム物価なワタシの感覚では、
高級店での買い物は不本意だったんだけど、
いくら安くても使わないもの買っても仕方ないし・・・
と思ってやや高めの店が並ぶドンコイ通りを最後は集中的に見たのね。

そしたらさぁ。
カワイイシルクストールを30ドルで見つけたの。
高いと言ってもこの値段だから、日本で買うよりは絶対安いんだけどね。

ちなみにベトナムの通貨はベトナムドンなんだけど、
高めのところは大体米ドル表記なのね。
頼めばドン払いももちろん出来るから好きなほうで払えて便利。

でさ。
このお店だけで決めるのもなんだし、
と思ってあちこちみまくってたら、
違う店では35ドルとか40ドルとか、
一番高い店では60ドルで売ってたのよっ!!!

間違いなく同じ商品なのっ。
なに、この価格差はっ!?

一番高いところは一番エアコンが効いてたけど、
エアコン代を入れたにしては高すぎる・・・w

そんなわけで結局一番初めのお店で購入。
こういうことがあるから買い物はじっくり価格比較をすることを
激しくオススメせずにはいられませんっ。

ちなみに店の名前は忘れました・・・orz
もう、ほんとにグングン歩き回ってたから・・・。
役立たずですまんっ。

でも、ここでいい買い物をしたことで、
どうやら買い物の女神が降臨した模様。
めちゃカワなバッグと遭遇してしまったのよっ!!!

ビーズと刺繍がいっぱいの、
細身のクラッチ!!!
チェーンも2つついてて、
手持ち、ショルダーの3WAYバッグ!
おりこう〜〜〜(ノ´∀`*)

ひとめぼれして即お買い上げ。
型違いで同じ色のバッグを妹にもお土産に。
2つで7000円くらいっ。

htm_bag.jpg

これはワタシの。
妹のはガマっぽいのっ。
それもまたカワイイ(´▽`*)

これ、たぶん日本で買ったら絶対2万くらいの値段ついてても
おかしくないと思うんだよねぇ〜。
こんな掘り出し物もあるんだよぉ。

ベトナムのお店はやっぱり流行とかが日本と違うせいか、
全体的にピーンとくるものが少ない感じ。
食器なんかはともかく、服飾関係はやや垢抜けないものが多いかも。
でもそれに流されることなく、
根気よく探してみてみる価値があることを実感したねっ。

あくまで日本で着ている服に合うか、
っていうコンセプトでじっくりあせらず吟味して
探し出すのが大事だと思う。
折角買ったのに使わないんじゃもったいないからねっ。


ちなみにそのバッグを買ったお店は「トンボ」。
バッグのカバーに名前がついてたから分かったww
他にもカワイイバッグがいっぱいあったから、
ぜひ、どうぞー。

こうしてすごい満足感とともに、
ワタシのメインショッピングは幕を閉じたのでしたw
(結局サンダルは断念)

後は国営百貨店に入っているスーパーで、
お菓子とかお茶とか買ったりしました。
スーパー大好きなんだよねぇ、ワタシww

ビニール袋いっぱいに2つ分くらい買ったのに、
2000円くらいだったww
すごいぜ、ベトナム、愛してるっ!!!

あと、ホーチミンにはデューティーフリーがあるけど、
かなりどうでもいい感じなのでアテにしない方がいいと思う〜。
やっぱりベトナムらしいお買い物のほうが楽しいしねっ。


こんな感じでベトナムショッピングレポートはおしまい。
みんなもよいお買い物ができますように〜(-∧-) ナムナム


もくじにもどる

★ベトナム情報★

※リンクは極力そのお店のサイトを載せるように心がけましたが、
 サイトを見つけられなかったり、オリジナルより見やすいなどの理由から、
 旅行会社や情報サイトのリンクを貼っている場合があります。
 また、リンクがない場合もありますのでご了承ください。

 ()内に以下のガイドブックのページを記載しています。
 TS=昭文社刊 TRAVEL STORY15 ホーチミン アンコールワット
 地球=ダイヤモンド社刊 地球の歩き方 '05〜'06 ベトナム

 例:市民劇場(TS98・地球なし)
   →市民劇場については「TRAVEL STORY15 ホーチミン アンコールワット」の98ページ
    「地球の歩き方 '05〜'06 ベトナム」には詳細の記載がないという意味です。

ホーチミン
・ザッカ(TS30、116・地球69)
・ベンタイン市場(TS76・地球47)
・トンボ(TS32、117・地球なし)
・国営百貨店(TS125・地球70)

ベトナムショッピングお役立ち口コミサイト
ベトナム・ゴー:ホーチミン ショッピング

賢い買い物で楽しむベトナム!BlogRanking
posted by ちゃっぴー at 14:14 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | ベトナム旅行
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

アジアン雑貨〜
アオザイ〜〜〜〜ハァハァハァハァ

でもアオザイ、体のラインにそこまであわせるのか……
着れねぇ……orz

うをををでもいいなぁ買い物楽しいねっ。
しかもそんなにいろいろあって安くて捕り物も見れるなんてさっ。
(ショーじゃない(-_-;)(;-_-) チガウチガウ)
はーん、俺も行きたい〜ぃぃぃ。

それにつけてもちゃっぴたん、
このベトナム記事は全部まとめてガイドブックにできるんでなぃかぃ?
めっさおもろいよ〜〜バタ ヾ(≧∇≦)〃ヾ(≧∇≦)〃バタ
Posted by はに〜 at 2005年08月03日 14:32
はに〜ちゃんは雑貨好きなんだよね〜。
そしたら絶対楽しいと思うよ、ベトナム。

ちっちゃい湯のみと急須のベトナム茶器セットとか、
お椀とお箸のセット(お椀にお箸を刺すための穴があいてるの!)とか、
磁器とか漆器とかいっぱいあって、
すごいかわいいものがたくさんあったよ!
しかも日本で買うよりどれも安いからねぇ〜。

アオザイはラインがバッチリ出るけど、
多少胸がなくて腹が出ていても、σ(゚∀゚ オレ!!
やっぱり自分の体に合った服はキレイだよっ。

ほんとねぇ。
お休みが取れたら一度行ってみたらいいと思うー。

でも結構気をつけなくちゃいけないことも多いから、
ミニランが大きくなってからのがいいかも。
家族連れとか、母娘で来てる人たくさんいたからさっ。

長文なのに読んでくれてありがとね〜!
ガイドブックはムリだろうけど、
まぁまぁ今度行くときのためにも頑張ってみたっ!

残りのレポも気合入れていくわよ〜!(マテ
Posted by ちゃっぴー at 2005年08月03日 17:41
バック可愛い〜♪
あたしも雑貨は大好きなのvv
特にアジア系の雑貨は、
個人の好みがはっきり分かれるけど大好き♪
特に大ぶりのネックレスとか、
指輪とか。

アオザイ…チャイナドレスくらいに
憧れの衣装だったり。
結構シックな色合いだね。
派手目のストールと組み合わせると、
お呼ばれ服にも出来るのかも♪

スーパーと言えば、
あっちって、夜中でも平気で営業してるよね。
ずっと昔、初めて台湾へ行った時
びっくりしたよ〜。
Posted by 美羽 at 2005年08月03日 20:45
美羽たんも雑貨好きなのね〜。
じゃあ、魅惑のベトナムだわねっ。

アクセサリーもかわいくて、
めちゃ安なのがいっぱいあったよっ。
どれも100円均一みたいなイキオイ。
帰国してから日本の価格見て、
買う気が失せちゃったくらい安い・・・。

チャイナドレスもあこがれるよねぇ〜っ。
でも結構アオザイも形的に似てるから、
ひとまずは両方買ったくらいに満足しちゃったよ。
ほんと、機会があったら作ってみてね〜。

そして忘れずスーパーにもww
台湾って夜中までスーパー営業してるんだ?
ベトナムはどうなんだろう・・・?
ワタシが行ったのは20時くらいだったんだよね。
遅くまでやってるかどうかは分からないや〜。

こんな長文読んでくれてありがとね〜!
引き続きベトナムレポをよろしくww
Posted by ちゃっぴー at 2005年08月04日 10:27
アオザイステキですね☆
是非、着た姿晒しちゃってください!
ウチもアオザイほしいわ〜
Posted by ひろ at 2005年08月06日 11:57
>ひろさん
あの写真でアオザイの良さをご理解いただけるとはっ!
感謝せずにはいられません・・・。
ほんとねぇ、着た姿を晒せば少しはマシなんだろうけど、
ワタシの場合アオザイのイメージを崩す可能性もあるので遠慮してみたww

やはり細身のベトナム美人が着てこそですよ、ダンナww
Posted by ちゃっぴー at 2005年08月06日 15:39
この記事へのTrackBack URL


■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。