2005年08月06日

ちゃっぴーさんベトナムへいく:諸注意偏

はいっ。
と、いうわけでベトナム旅行記第四段「諸注意偏」でございます。

が、おもしろくないですよ〜。
なんたって「諸注意偏」ですからね〜。
暇な方だけどうぞ・・・。

ベトナムさんはいろんな技を持ってるんでねぇ。
無防備な状態で挑むと痛い目を見ますww
なので、予め覚悟を決めて臨んでいただきたい。

そんな諸注意をいくつかご紹介しようと思います。


1.持ち物
あってよかったなぁ〜っていうモノ達。

1.カッパ
2.下痢止め
3.長袖のはおりもの、Tシャツ
4.ハンカチ、ミニタオル
5.帽子


まずカッパね。
これ、この時期のホーチミンでは必須アイテムではなかろうか。

なんと言っても日本にはない「雨季」っていう季節だからさ、
午後になるとアホみたいな雨が振るってわけ。
よく激しい雨のことを「バケツをひっくり返したような」
って表現するけどもさ、違うよ、ベトナムさんは。

「バスタブひっくり返したような」雨が降るからww

正直傘なんて持ってても役に立たないね。
穴空くよ、きっとw
もしくは傘の骨が折れるww

本気でそんな勢いの雨が1時間くらい降るから。
・・・しかも日に何度か。

基本的に雨が降ったら雨宿りするのが賢明だと思うけど、
雨宿りするまでの移動とか、
どうしても移動せざるを得ないときには必需品。
あるといいと思うなぁ〜。


次に下痢止め。

は?って感じでしょ?
でも違うんですよ〜。
備えあれば憂いナシです。

ワタシはかなり口に入れるものを気をつけていましたが、
それでもちゃぁんとハラを下しましたw
下痢止めがなかったら、どうなっていたことか。
ありがとう、下痢止め。

なんかね。
生物なんかを食わなくても、
水でやられるらしいです。

ミネラルウォーターを飲んでいても、
それが硬水なために、
普段軟水に慣れてる日本人はやられるらしいですわ。

現にワタシはやられましたしw
なので、どうぞどうぞお持ち下さい。

次に長袖。
基本的にはベトナムさんは猛暑なので薄着で大丈夫なんですが、
ホテルとかお店とかのエアコンの効き方が尋常じゃないときがある。
なので常にはおりものは携帯していただきたい。
女子のみなさんは特にね。

ベトナムさんは一瞬の隙を狙って攻撃してきますよ。
ちょっと冷房にやられて弱ったところに下痢攻撃、カゼ攻撃、
仕掛けてくるんですよ〜。

あと長袖のTシャツは寝るときに。
あると就寝中のベトナムさん攻撃も安心ですw


ハンカチ、ミニタオルっていうのは、まぁ、普通の持ち物ですが。
何に使うかといえば、粉塵マスク代わりですよ。

とにかくバイクがいたるところ縦横無尽に
粉塵を巻き上げながら疾走してるわけです。
巻き上がるホコリ、吐き出される排気ガス。

はっきり言って気持ち悪くなるほど。
ま、うちの相方は平然としていたので、
おおらかな人は気にならないのかもしれませんがw

でもベトナムの人達がバイクに乗るときに、
マスクやスカーフを巻いてますからね。
やっぱり必要なんだと思いますよ。


帽子はね、ないと危ないと思うんですよ。
すごい日差しが強いですからね。
肌なんかは日焼け止め塗るにしても、
頭は帽子被るしかないですからね。

ま〜、正直日差しの強い日中にそんな歩き回る気にもなりませんが、
スケジュール上、街中等々徘徊する必要もあるでしょう。
ぜひ、お持ち下さい。

脳天にベトナムさんの攻撃をくらってからでは遅いですからね〜。


コレ以外にも、基本的に旅行に行くときに
必要だと思われるようなものは持ってくださいよ。
着替えとか、洗顔セットとかね。
その上でのお話ですから。

あと、ワタシの場合は役に立ったのかよく分かりませんが、
虫除けもあるほうがいいんだと思いますわ。
マラリアなんかになったらシャレにならないしw
行く場所にもよるんでしょうけどね。

ワタシはホーチミン、ニャチャンともに一応つけていたせいか、
特に虫に刺されることもありませんでした。


2.食べ物
ワタシが言うのもなんですけどね、
ほんと、気をつけたほうがいいですよ〜。

暑いですからね。
ただでさえモノが腐りやすい上に、
基本的に不衛生ですからww

あちこちで収集した情報によれば、

・生水(氷含む)
・カットフルーツ
・生野菜
・生魚

こんなもんは厳禁らしいです。

特に生水ね。
ベトナムさんは巧妙にしかけてきますよ〜。

水道水を直接飲むことはなくても、
間接的に口にせざるを得ないんですよ。
水道水で洗った食器、
水道水で作った氷、
水道水で洗った野菜・・・。

これ、防ぎようないからw

食器はあきらめるにしても、
氷とかの食べ物は気をつけてくださいね。
ハラ、下しますよ・・・ワタシみたいにww

野菜なんかね、要注意みたいですよ。
場所によっちゃ肥料に人糞使ってるところもあるらしくて、
普通に全国的に赤痢とか蔓延してるらしいからねっ。

人糞よ、人糞っ!
ありえないわ・・・。
こんな単語がワタシのブログに綴られる日がくるなんてww

そんなわけでご注意を。

ただしっ!
うちの相方は完全無敵でしたw

なんたって地元民の店で、
地元民が手掴みしたもん食っても平気だったからね・・・。
野菜も結構食ってたし・・・。

それなのに気をつけてたワタシのほうがハラ下すってどういうことだ?
え?ベトナムさんよ〜・・・orz

そんなわけで。
あまり神経質になるのも楽しくないので、
自分の体調と相談しながら充実したベトナムご飯を堪能してください。

念の為こんなサイトも紹介しておきます。
予め知っておくと、いざというときたよりになるでしょう。
海外渡航者のための感染症情報:ベトナム


3.治安
行く前に情報収集した限りでは、
あまり治安はよろしくないというこで、
スリには要注意!!!ってな覚悟を決めていたわけです。

街をあるときにもバッグをしっかりと握り締め、
財布なんかは極力出さずにいたわけですよ。

でもね。
気をつけていたせいか、まったく危険な目にはあわなかったです。
流石のベトナムさんもワタシの鉄壁のガードを前に、
なす術がなかったんでしょうなww

シクロやバイクタクシーなんかもやたら声をかけてくる、
とか聞いたんですが、言うほどでもなかったし。
そりゃ、多少はありますけどね。
無視すればすぐ退散しますよ。

一人日本語が話せるバイクやさんがいて、
その人はしつこかったですけどねぇ〜。
もう、完全無視して難を逃れました。
だって日本にいたってキャッチなんかしつこくても無視するでしょ?
それと一緒ですよ。
ベトナムさんだからと言って、心を許してはいけません。

車のタクシーもぼったくられるから必ず事前の値段交渉を。
それでもふっかけられてもはじめの金額だけ渡して下車することっ。
なんて書いてたんですが、これも特に問題なかったですねぇ。

安全だといわれる黄色とか白地に緑のタクシーしか乗らなかったし、
お店やホテルで呼んでもらった車にしか乗らなかったせいかもしれないですが。

なんにしてもガイドブックの後ろのほうにある注意事項を熟読してですね、
気をつけるポイントさえ押さえれば、怖い事はありませんよ。
ベトナムさんはちゃんとした人には微笑んでくれる、
そんな一面も持ち合わせているわけです。


4.お金
これは注意から少し外れますけど、
旅情報として一応触れておきます。

ベトナムの通貨は「ベトナムドン(vnd)」です。
今日現在のレートはこんな感じ

1円=139.91-143.6vnd

やたら桁数が多いですw
ちなみに物価はこんな感じ

お金の種類もたくさんあって、
ぶっちゃけ滞在中に覚えきるのは至難の技かと・・・。
古いお金新しいお金があって、
ますます困難・・・orz

どれもこれもホーおじさんの柄だし、
新旧で色は似てるけど額が・・・って感じだし、
こんなに現地通貨で苦労したのは初めてです、ワタシ・・・。

で。
笑っちゃうのが500ドン以下は切り捨てされるらしく、
おつりがこない・・・。

これ、はじめに空港からホテルまで送迎してくれたガイドさんが言ってたんだけど、
ほんとに細かいお金は無視される・・・。
紙幣、硬貨ともに滞在中お目にかからなかったし。
なんでそんなお金を作ってるんだろう、ベトナム政府は・・・。
日本の2000円札みたいなもんなんだろうか?

そんなわけでベトナムドンに早々に挫折したワタシですが、
ベトナムでは米ドルもかなり流通しているようです。
(少なくともホーチミンでは。)

米ドルは桁数も少ないし(当たり前
慣れ親しんだ通貨だからかなり使いやすい。
高額の支払いは大抵米ドルを使用しました。

ただし。
ベトナムドンの方がレートが良いので要注意。

今日現在のレート

1ドル=111.79円
1ドル=15855-15884vnd
1円=139.91-143.6vnd

というのを見ても分かるとおりです。

こう考えると高額の支払いこそベトナムドンですべきだったねぇ・・・。
知ってたんだけどねぇ・・・。
何百万ドンとかいう支払い、意味わからなくてさぁ・・・。

仮に150ドルのエステをやってだよ?
ドンで払おうと思ったら、アナタ。
237万8250ドンなんだって・・・。

そんな金、財布にはいりきらねぇよ・・・。

なので。
ワタシは軽く挫折して、米ドルを使う事も多かったのですが、
旅なれた方ですとか、高額支払いの予定がない方ですとか、
レートの良さが第一だっ!という方は、
ベトナムドンを利用するのが一番です。

ちなみに米ドル表記されていても、
言えばドン変換してくれるので大丈夫です。
ま、500ドン以下は切り捨てられますがww

あと、ベトナムドンは日本で換金できません。
なので日本で米ドルへ少し換金して持っていくと、
すぐにドンへ換金できない時に便利です。
空港からのタクシーとか、初日のごはんとかね。

目的に応じて賢く使い分けをしてみてください。


以上、ワタシの貧困な体験に基づくベトナムさん諸注意偏でしたw

もくじにもどる


ポイント押さえて楽しいベトナムBlogRanking

posted by ちゃっぴー at 15:22 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベトナム旅行
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

うっ・・暇人・・です(泣)円にドルにドン頭パンクしそうです(笑)プシュ〜。
Posted by ひろ at 2005年08月06日 15:53
はは・・・w
ワタシもベトナムでは常にパンクしてましたよ(´д`;)
日本円でいくらなんだと・・・。
暗算に強くなりたいと切に思ったね〜ww
Posted by ちゃっぴー at 2005年08月07日 16:25
この記事へのTrackBack URL


■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。