2004年09月25日

久々の再会

久々の友達に会う。
大学のときのバイト先の友人(女)。
かれこれ1年以上会っていない。

彼女と会うときは大抵不幸話の応酬になることがほとんど。
お互い不幸が絶えない生活を送っているのである。

ワタシが今日話そうと思っているネタは、
今ワタシがアサインされている「殺人プロジェクト」ネタである。

そういえば、このブログではワタシの職業を言っていなかったが、
実は SE のはしくれだったりする。
本当にはしくれなので職場では役立たずもいいところだが。

さて殺人プロジェクトである。
あるプロバイダの Web サイトと業務システムの構築なのだが、
プロジェクトの体制がヒドイ。

PM の独裁状態なのである。
各チームリーダは PM の言いなり。
しかも正直能無し。

タスク管理・スケジュール管理において、
おそろしいほど能無しっぷりを発揮している。
どれくらい能無しかといえば。

・全ての作業を洗い出せない。
・作業を細分化できない。
・各作業の作業時間が読めない。

…挙げてたら悲しくなってきた…。

そんなわけで、当然チームメンバの作業把握ができず、
適当なスケジュールを引き PM へ報告。
作業完了日を確約してしまうのである。

ゆえに大して忙しくないときであっても
無意味に残業と休日出勤が発生するのである。
…がっかりである。
(ちなみに最近までプロジェクトが長期ペンディング状態で仕事は実質なかった。)

そんな無駄な労働時間が発生するにはもうひとつ理由がある。
作業の手戻りが多すぎるのである。
先述のとおり、メンバの作業把握ができないリーダーなのだが、
本人は完全把握をしているつもりなのか、勝手に PM と話をつけてしまう。
故に現実作業と約束した作業に乖離が発生し、その乖離した分、
メンバに作業が戻ってくるのである。
…オイオイなのだ。

私たちペーペーには理解できない壮大な構想でもあるのだろうか…。

ところで。
今所属しているプロジェクトは実は他社のプロジェクトで、
ワタシは出向しているのである。
本来所属しているワタシの会社も決してすばらしい会社ではないが、
ここまで酷いプロジェクトはなかった。

というか、プロジェクトの体を成していないと思うのだが、
世の中のプロジェクトとはえてしてこうなのだろうか?
基本、成功した!というプロジェクトの話をワタシの近辺で聞くことはないのだが、
どうやって利益を出しているのだろう…。

ちなみにワタシの会社は大赤字である(笑)。
転職も近いか…。

さて。
そろそろ準備をして出かけなければ…。


最近の興味はもっぱら仕事よりもランキング
posted by ちゃっぴー at 14:58 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりよがり
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/667621

■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。