2004年10月09日

外来語を日本語に言い換えよう

外来語が多いですよね、最近。
聞いててちんぷんかんぷんなこともあって、少しムカつくこともあります。
あんまり意味が分からないので時々意味聞いたりすると、
さっきまで自信満々に外来語ぶちまけてた人がしどろもどろ。
いきまいて外来語ばっかり言う人に限ってよく意味を知らなかったりするんです。

それは極端だとしても、外来語が多いと思うんです。
ひとつの原因として、日本人の日本語力が低下していることが挙げられると思うんです。
適切な訳語を生んだり理解して使えるほどの日本語力がないからじゃないかと。

映画なんかもそうじゃないでしょうか?
昔の洋画には日本語のタイトルがついてるのに、最近はアルファベットがカタカナ
になっただけ。(しかもちょっとヘンな英語だったりする。)

それはやはり元のタイトルや内容などから、適切な日本語のタイトルをつけるだけの
日本語力がないからでは?と思うんです。

翻訳は語学力も必要ですが日本語の語彙がものを言う。
どれだけ日本語を知っているかで、適切に訳せるかが決まってくる。

外来語ってすごそうというか、えらそうというか、なんかそういう感じがあるでしょ?
(人によると思いますけど。)
だから大して理解してなくても使いたくなったり、知らない外来語を耳にしても、
聞きづらかったりする。

それで、どんどん理解不能な外来語が氾濫しちゃうのかな、と。
比例して日本語力が衰えるのかな、と。


まぁまぁ、何でいきなりこんなことを書き出したかというと、
こんなニュースを見たからなんですよ。

外来語32語の言い換え提案 国語研が第3回最終報告

第3回 「外来語」言い換え提案


言葉って、自分の思うことなどを人に伝えるために存在するものでしょう。
それなのに、みんながよく分からない言葉が氾濫するのって、
言葉の存在意義を根本から覆してる気がするんですよね。

確かに、ある集団や専門的な場合とかの特定の場において、
一般の人には理解が困難な言葉が存在することはあると思うんですよ。
そういう特定の場では、外来語や専門用語を使うことでより容易に
お互いの理解が深まったり、ある現象などを表現することができるからなんですね。

でも、今氾濫してる外来語は少し違う。
一般の人を対象にしている場合なのに、一般の人が分かりにくい言葉を使う。
これでは伝える側の意図が完璧には伝わらない。
本末転倒なんです。

状況に応じてより適切な言葉を使えるように、もっと努力する必要があるな。
そんなことをこの記事から考えてしまいました。


共感いただけましたらクリックお願いします
posted by ちゃっぴー at 00:11 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | まぢめに語るぞ
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事へのコメント

Hello guys, interesting discussion... BTW what you think about How drug and alcohol detox can kill you
Posted by at 2005年11月12日 04:34
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/767839

■トラックバックする方へ■
当ブログは原則トラックバックフリーです。(むしろ大歓迎です。)
ただし、以下のような場合は無断で削除いたしますのでご了承ください。

・記事と全く関連がないもの
・「宣伝」「誘導」を目的としたもの
・その他、管理者が不適当と判断したもの

詳細についてはコメント・トラックバックポリシーをご参照ください。


Excerpt: 外来語外来語(がいらいご)とは、借用された言葉を指す。従って借用語(しゃくようご)とも意味は殆ど同じだが、日常では外来語、言語学では借用語と呼ぶのが一般的である。現版では外来語も借用語も、この項目でま..
Weblog: 英語学習教習所
Tracked: 2008-02-15 11:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。