2005年07月06日

久しぶりに語ろう。

最近ブログにベクトルが向いていないワタシ。
というのも、少々ビビッているからなのです。

ナニにビビッているのかって?
posted by ちゃっぴー at 00:27 | 東京 ☁ | Comment(9) | TrackBack(0) | まぢめに語るぞ

2005年01月26日

自由に生きるのは難しいのだ。

最近すっかりぷ〜たろ〜生活が板についてきてます。

起床時間は午前11:00前後。
なのに昼寝をして、就寝時間は午前3:00前後。
1日の大半は誰の何の制約も受けないで、
自分の好きな様に使えちゃいます。

すげ〜〜〜気ままな毎日。
多少はご飯を作らなきゃとか、
たまには用事があることもあるけど、
まぁ、大したことじゃない。
・・・実家にいるときは別だけど・・・( ̄^ ̄;

そんなわけで最近考えること。

自由に生きるのは難しい


結構マジメにつづく
posted by ちゃっぴー at 01:35 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | まぢめに語るぞ

2004年12月31日

年貢の納め時

いよいよ大晦日ですね〜。
今年は色々あったなぁ・・・。

アホみたいに働いて頑張ったプロジェクトが打ち切られたり、
出向して意味不明な日々が続いたり、
ブログでビューして自分を辱めたり、
うっかり会社辞めちゃったり、
母親が暴君ハバネロになったり・・・

充実した1年だったなぁ〜( ̄ー ̄;ハハ・・・

この調子で行けば、きっと来年もイイ年になるはずだっ。
間違いないぞぉ〜〜〜っ!!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヤケクソ


そんなやる気まんまんで新年を迎えるのも、
ひとえに訪れてくれたミナサマのお陰。
コメントやトラバしてくれた方はもとより、
ただただ読んでくださった方にも感謝ですっ。
ありがとうございましたm(__)m


ミナサマのお陰で、本当に楽しいときはその気持ちをもっと楽しく、
つらいときにはその気持ちを前向きなものに転換できたんだと思います。

ものを書くのって思ってたより難しくて、
自分の表現したい様になかなか書けず、
面白くないネタになったり、
意味不明な文章になったり、
なんなら書くのを放棄したり、
いろんな裏事情を抱えて続けています。

・・・その割に毎回5分くらいで書きなぐるんだけど( ̄▽ ̄;

単なるひま潰しから始めたのに、
今となってはご飯を食べるくらい必要なものになってます。

きっと理由は心の整理のためなんですけど、
それ以上にコメントとかもらうのが単純にウレシイんですよね。
そのウレシイ気持ちがすごく必要。

・・・う〜ん。弱ってるのかなぁ、ワタシ・・・( ̄^ ̄)

自分のアクションに対してリアクションがある、
っていう日常生活で当たり前のことなんだけど、
それがなんの利害関係もないはずの人との間で起こる事がウレシイ。
すごく貴重な事のように感じるんですよ。

別に通りすぎちゃえばいいのに、
見なかったことにしてブラウザ閉じちゃえばいいのに、
わざわざカチカチ文字を打ってくれるって、
なんかすごいなぁ〜って。

そういうコメントとかトラバから知らず知らずのうちに、
ちょっとずつ気持ちとか元気とかお裾分けして頂いてる気がして、
ほわほわぁ〜んとあったかい気持ちになるわけです。

それで毎日元気にいられてるような気がするので、
ミナサマには本当に感謝しないではいられないわけです。


来年もミナサマに少しずつ元気をいただきながら、
ワタシも元気をお裾分けできる様になりたいと思います。
懲りずに2005年もお付き合いいただければ幸いです。

はっぴ〜で、らぶり〜な新年がミナサマのもとへ訪れますようにっ!
posted by ちゃっぴー at 03:31 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | まぢめに語るぞ

2004年10月09日

外来語を日本語に言い換えよう

外来語が多いですよね、最近。
聞いててちんぷんかんぷんなこともあって、少しムカつくこともあります。
あんまり意味が分からないので時々意味聞いたりすると、
さっきまで自信満々に外来語ぶちまけてた人がしどろもどろ。
いきまいて外来語ばっかり言う人に限ってよく意味を知らなかったりするんです。

それは極端だとしても、外来語が多いと思うんです。
ひとつの原因として、日本人の日本語力が低下していることが挙げられると思うんです。
適切な訳語を生んだり理解して使えるほどの日本語力がないからじゃないかと。

映画なんかもそうじゃないでしょうか?
昔の洋画には日本語のタイトルがついてるのに、最近はアルファベットがカタカナ
になっただけ。(しかもちょっとヘンな英語だったりする。)

それはやはり元のタイトルや内容などから、適切な日本語のタイトルをつけるだけの
日本語力がないからでは?と思うんです。

翻訳は語学力も必要ですが日本語の語彙がものを言う。
どれだけ日本語を知っているかで、適切に訳せるかが決まってくる。

外来語ってすごそうというか、えらそうというか、なんかそういう感じがあるでしょ?
(人によると思いますけど。)
だから大して理解してなくても使いたくなったり、知らない外来語を耳にしても、
聞きづらかったりする。

それで、どんどん理解不能な外来語が氾濫しちゃうのかな、と。
比例して日本語力が衰えるのかな、と。


まぁまぁ、何でいきなりこんなことを書き出したかというと、
こんなニュースを見たからなんですよ。

外来語32語の言い換え提案 国語研が第3回最終報告

第3回 「外来語」言い換え提案


言葉って、自分の思うことなどを人に伝えるために存在するものでしょう。
それなのに、みんながよく分からない言葉が氾濫するのって、
言葉の存在意義を根本から覆してる気がするんですよね。

確かに、ある集団や専門的な場合とかの特定の場において、
一般の人には理解が困難な言葉が存在することはあると思うんですよ。
そういう特定の場では、外来語や専門用語を使うことでより容易に
お互いの理解が深まったり、ある現象などを表現することができるからなんですね。

でも、今氾濫してる外来語は少し違う。
一般の人を対象にしている場合なのに、一般の人が分かりにくい言葉を使う。
これでは伝える側の意図が完璧には伝わらない。
本末転倒なんです。

状況に応じてより適切な言葉を使えるように、もっと努力する必要があるな。
そんなことをこの記事から考えてしまいました。


共感いただけましたらクリックお願いします
posted by ちゃっぴー at 00:11 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | まぢめに語るぞ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。